紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


ワクチン接種(1回目)

ワクチン接種に行った。一回目。ずらそうかという案もあったけど、同居人と同じ日時に予約をとって、連れ立って行った。自宅から二番目に近い駅までバスで行き、そこから5分程度歩く。駅の階段を降りたところにたい焼き屋さんがあって、大きくはないけど安くておいしくて種類豊富なんだけど、そこでおやつを買うことを楽しみにしていたのに、開いていなくてがっかりした。がっかりしたまま接種会場に行った。それだけが楽しみだったのにとぐちぐちいった。セブンイレブンの隣の隣に新しいセブンイレブンができていて、理由はわからないけどとりあえず、ヒェー、資本、と思った。ヒェー、資本。

家で問診票を書くときに体温を計り、会場の入り口で体温を計り、出迎えの人の確認をすませて案内されるところでも体温を計り、問診票が係の人の手に渡ったところでもう一度、計られた。最近のわたしたちはあらゆるところで熱を計り、計られ、液体なりねとっとした液体なりを手指になすっている。これはかつてない状況である。し、あんまり意味はないかもしれないと思う。たくさんの人がよくわからないコントに出演させられている。ま、社会ってそういうもんかもしれないけれど。とわかったようなことを。

そのあとはスムーズに、あれよあれよと何人もの案内と手招きによって、医師のもとにたどりついた。「接種について医師に確認しておきたいこと、不安なことはありますか」の問いにどう応じればいいのか朝からずっと悩んでいたけれど、答えはでないままだった。何をいってもなだめられる気しかしない。疑問はあるが、なだめられたいわけではない。まして、希望者のみが受けるのだから、疑義があるなら打たなくてよいのだ(話はずれるが、注射、という点において、ワクチンをうつ、のうつ、は射つ、だろうと思うのだけど、この字は射るのイメージが強くて、読めないので使われていないんだろうなとか思う。ほんとうかどうかはしらべていない)。

この問いについて、同居人は「5Gにつながるかをきいたら」とかいっていて、なんだかそのレベルの話であればきいてもいいように思うが別の問題が浮上するよなという気しかしない。

けっきょく、うすら笑いとうなずきのみで医師のもとにたどりついたわけだけど、壁の方を向いて腕を差し出したところで、正気に返り、なんてことをしているのだという気持ちになった。そこまでは現実感がなくふわふわと身をゆだねていたのがここへきて急に、自分の健康に直結する場面なのだと感じられて、ちょっと待ってちょっと待って帰りたいという心境がやってきた。そこまでは木偶の坊だったわたしが、ここではじめて意思を持ったのだが、時すでに遅し、腕に痛みを感じ、「はい終わりました」の声がきこえた。

そのまま15分程度待機して、何事もなかったので帰宅する。3週間後には一緒に待機していた人とまた会えると思うと少し笑える。たい焼き屋はしまっているので、ふだんは行かないスーパーでおやつを買って帰った。

帰る途中で、陰謀論の話になって、でもなんかそれって、その人にとって信じられる(信じたい)部分からうまれてくるのだろうから、いまの(そのときの)わたしが陰謀論を信じるとしたら「本当はワクチンはない」っていう方向じゃないかみたいなあほな話をした。針はさされたけど、なにも注してはいないのだ。ただ、世界的に「ワクチンはある」ということになっている……。針がささったのはわかったけど、薬液が入ってきた感覚はなかったし、その時点ではなんの痛みも不調もなかった。ワクチンが存在し、接種したことは副反応があって、遡及的に確信されるんじゃないかと思った。というのんきな話をした。

オリンピック(にまつわるあれこれ)、メルカリ、政治

いろいろ書いておきたいことがある。
ひとつずつ書いていけるだろうか。
(日記を)書くということから離れていると感じる。
このすぐに改行してるのは、最近はスマホのアプリに日記(できごと)を記録しているからだ。感情を書いて、誰も読まないということ。の気楽さがある。


少し前はこういうことがあった。自己啓発みたいなもの、マインドを嫌がるくせに、たまに擦り寄りに行って、もしかしたら自分が "ええもん" になれるような気がしちゃうの、思うツボって感じがする。それこそがその本丸なのだから。
べつに手帳になにを書いたって自然にかなうわけなくて、書いたことにより、自分が動くのだ。それを引き寄せととらえるか、宣言による自己催眠(みたいなものでしょう?)ととらえるか。でも、魔法を信じてみたくなることもあるのよ、なんて受動の姿勢。

 

オリンピック(にまつわるあれこれ)

今さらこの話題します?、と思わなくもないのだけど。そもそもオリンピックしないでくれ派だったのが、この感染症の状況下で本当にやめてくれ派となった。でも開催されてしまった。ヒェ…である。それで、なにが核かというと、やっぱり開会式直前のごたごたのことである。アーティストの過去の出来事について、それは確かにひどいよなぁと思うのだけど、この件について、その人が社会的業界的に抹殺といえるような仕打ちを受けたことに恐れをなしている。ひどいことをしたら報いをうけるべきか否かの考えはまあ人それぞれとしかいいようがないのだけど、それが公のひとであれば、なにかしらの声明を出しておいてくれよとは思うのだけど、ひどいことをした(らしい)人の作品や露出を封印すること、それは正しいのかもしれないけれど、だれか(わたし)がその作品および作者(をとおして自分自身)と向き合う機会を封殺してしまうことになって、それは違うんじゃないかと思った。その人がいることで悲しむ人や怒る人がいるかもしれないけど、喜んだり、救われたりする人もいるんだと思うのだ。こんな考えは浅はかだといわれてしまうかもしれないけれど、そう考えた。
あとまあ個人的にはわたしは賛成していないオリンピックだから、かかわってくれなくて(かかわってるけど)、かかわってないことになってよかったなーと思った。利己的。

 

メルカリ

アンタずっと片づけしてるな、でおなじみのわたくし(紙)ですが、メルカリ出品の効能について思いをはせてみる。
ひとつは、保留箱に入れるみたいなことで、出品しておいて、売れたら出す用によけておく。そうすると売れなくても数か月後に、まあいいかーとなって処分できる。
ふたつめは、単純明快。売れたら手ばなすしかない。
みっつめはややこしいのだけど、自分なりの善、みたいなことだ。うまくはいえないけれど、自分が善いと思っていることを社会にひらいていく、というような。善さの表面積をふやしているような感覚で、よろしくなさそうなものはどんどんその勢力を広げていきがちなこの世なのでそれに対抗するきもち。だから、すばやく売りたいわけではなく、ある程度の時間、それを開陳しておきたいのだった。なので、最初はちょっと高めに値付けをしている(でも売れるときは売れてしまいます)。そんなこだわりをしてるから片づかないんだよねと思います。でも昔よりはちゃんと生活に前向きです。

 

政治

政治ねーというきもち。社会的な政治(政治家とか国会とかそんなの)もだけど、身近な(職場の)人についても、政治をしていると感じることが格段に増えた。わたしのセンサーがチューニングされてきているのかもだけど。今の職場の歴が深くなってきたともいえるかもしれないけれど。でもその政治ってけっきょく、元をたどれば個人の感情だったり、前例慣習しがらみでは、と感じることが多い。えらそうにいってるけどおじさんや過去のおじさんの感情をそのまま正当化しないでくれと思うことしきり。ということで、だいぶおじさん的なものにいきどおりを感じていることが多いです。ちなみにここでいう「おじさん」は概念みたいなものなので、女性が「おじさん」であることもあります。とかいったら、クレームが入りそうでもありますね(おじさんから)。