読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


性格悪の知

大雨が去った翌日はまったき春で手のひら返しすぎじゃない? 雨の中帰る前に出した書類のことを考えながら。飛び越えたら変わってしまうことっていくらもあって(心理的なものも多いけれど)、これを出した以前以後の変化に緊張するけれど、それは無用な萎縮だなにを怖がっているんだ結論を先送りにして自分を安寧に置きたいのかそれが事態をますます悪くするんだぞととなえた。本当にそんなに緊張することはないんだ。自分でかけた呪いだ。荒波越えていけ、とか思う。良い変化は、それを越えることへの恐怖はないんじゃないかと感じる。いやもうなに言ってるかわからないね。そうそのよき日に、用事の前にコーヒーを飲みに行って、新しい豆を買ったりして、ふんふふんと自転車に乗って、角を曲がったところで自転車に乗った男性の(ブレーキをかけたんだか曲がろうとしてたんだかともかく)不興をかったらしく、すれ違いざまにののしられたんだけど! 二文字! のばし棒をいれても三文字! それらの意味が頭の中で実を結んだときにはすれ違い終わっていたし、いやしかしこんな晴れたよい日にぷりぷり怒っている人に損なわれないだけの元気がわたしに備わっていて助かった。春の日よサンキュー。みたいな気持ちになって、しかしどんなに気候が良くてもむしゃくしゃする日は確かにあって、そういう日は全世界を呪ってしまうからその人の気持ちもわからないでもないなぁと肩を持ちそうにもなる。自分の性格の悪さに自信があって、向かい合ったらわたしの方が何倍もひどいこと言えるからなとあとで思ったりした。無知の知ならぬ性格悪の知である。そのへんな自信のおかげで怒らないですんでいると、いい人なんだねと思われたりするから世の中ってフ・シ・ギ!