読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


愛想は尽きて尽き果て尽かされて

日の出る前の朝の光は白いのだなとか起き抜けに思って、でもそれはわたしのめがねがブルーライトカットのやつで黄みがかっているからではとか思い直したりした。久しぶりのzoffに行ってめがねを新調したら前につくったのが三年前と言われて驚く。視力は落ちていっている感じがあるのに計測すると前回と同じですねーと言われるの、何度も続いていてめがねだけは十年前と変わっていないわたしなのではないだろうか。三年前もブルーライトカットのものを選んでいて、今回は普通のにしようとか思っていたのに、「現在ブルーライトカットのものをつかっている方が、普通のレンズにすると馴れなくてストレスを感じるかもしれません」とか言われて、何それひどいマッチポンプではとか思ったりする。こうしてわたしはブルーライトカットレンズ漬けになっていく。

体調と気持ちが最悪の最悪になるのは月に一回で理由はわかっている。ホルモン様。それを外に出しちゃうのが年に一度か二度で、もうそうなったらすべてをあきらめて横になろうと思った。わたしはその一度でけろりとしてしまうのだけど、相対峙する者の恐怖はいかばかりか。考えすぎか。今は通常運行穏やかだけど何十年も積算されたりするのかとか(された方はわすれないでしょうそういうの)。ヒステリーだとか思われるのも嫌だけどそもそもヒステリーなのかもしれないねとか怖くなってきたり。そんな簡単に愛想はつかされないようだった。わたしは自分に何度も愛想をつかしているから自信がないのだ。なにか説明すべきなのだろうと思いながらはてさて。

今年も残り一カ月切ったというのにあまりにも変わらないただの日常の

PC前までたどりつけない日が続いていて、そうすると蒲団に入って眠る前にスマホでもってもにゃもにゃ書くことになる。スマホで書くといえばF氏なので、そのたびに氏のことが頭をかすめる。個人的には窮屈な感じがして好きではないのだけど。PCから書いた方が「正しく」ものを書ける気がする。でもたぶん、紙にものを書いていた人たちにとってはPCが窮屈なんだろうな。

もろもろ身体の不調なども相俟って、身も世もなくいかっているところを、本当にどうしようもない姿を同居人にさらして数日、めちゃめちゃ気を遣ってもらっているのを感じる。皿洗いとかごみまとめとかしてくれる。感謝もあるのだけど一方で「できるんじゃん」って思ってしまったりもする。個人的にはコンディションがよければわたしがやりますから気にしないでという感じだけれど、調子がいいときを標準と考えるか、不調時の最低限の動けるときを標準とするか、なのかなと思ったりもするけれど。しかしまああんまり無理しないでやっていきたいよお互いに。