紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


寒いので逆に

走ることにした。ジョギング、気づけば一年やっている。最初より速く、安定して、長く走れるようになった。はじめは30分をおそるおそる2キロくらいから。今は8キロ走って、気がむけば10キロのときもある(あんまりないけど)。しかし新鮮さは失われていて、景色に驚くようなことはなくなってしまった。一時間走っていると最後の方は飽きている。考え事もあんまりしなくなった。機械のように走っている。成果はわからないし特に痩せもしないのだけど、山に行ったときに休まずぐいぐい行けるのに感動して、登山のために走ってたんだとわかった。そういうことにした。

走ってみてわかることがいくつかあって、気の持ちよう、つまり速くしようと思って速度を上げることはできる。しかし、体力がなければ続かず、かえってへばってしまう。体力があっても、やる気がないといつまでもてれてれと走る。てれてれ走るのはすごく楽なのだ。それをふまえた上で、やるぞと思って走っても、体調の悪い日はがんばれない。気力は体調に勝てない。どんなにやる気を感じても空回りだし、体調の悪さを感知できない精神なんて意味がないんじゃないか。そして気力あり、体調がよい日でも、天候には(雨の日は走らないから主に気温か)逆らえない。暑すぎても寒すぎても身体は影響を受ける。いくら走っても身体が温まらない。正確には汗をかいているし熱も感じるが手足の先が冷たい。ウィンドブレーカーのすぐ下の膚がすうすうする。これは気力でも体調でもどうにもならなくて、ただただ寒い、それだけなのだ。前回より手足が温かいとして、それは自分の能力ではなく気温の(少しの)高さなのだ。それは時間にもよるからこちらで調整することも可能だけど、けっきょく自然には勝てないということを感じるのだった。夏は日が沈んでから、冬は暗くなる前に走るのがよかった。少し考えればわかりそうな結論だけれど、肌身をもって知った感じ。

どんな靴下を履くのも自由で、ターコイズブルーのと黒っぽいスポーツ用のゴムが入っているのを比べた。どちらも5本指だ。5本指の靴下、はじめは笑っていたが履きはじめるとあなどれない。これしか履きたくなくなる。なんて、5本指靴下先輩たちと同じことを言いはじめてしまう。メリヤスの編み目に銀の糸が渡っている。魚の鱗を思った。

昨日は寝室に行くのが遅かったら怖いゲームはなかった。同居人は「今日はお休み」と言った。ゾンビにも休息あれ。窓に板を打ち付けておくとゾンビたちは入ってこられなくなる。窓ガラスは割れるけど、割ったらそこにたたずんでいる。ゾンビって土葬の習慣があるところの文化だと思ったけれど、死者を経ないでゾンビになれるんだったら日本でも構わないのだった。でもフランクに銃が撃てるのはやっぱり外国だ。ゾンビに捕まるとダメージが(精神的にも)大きいので、できたら銃の距離でなんとかしたい。ゾンビには銃だという気持ちが定着しつつある。馴染みのないものがふたつも自分の中に育っている。ゾンビって「撃ってもいい生物」なんだなと思ったらちょっと、いやかなり嫌な感じだけど。

それからジョジョの実写の映画をやっていたので、眠くなるまで、と思って結局最後まで観た。仗助くんの名前を見て、「じょうじょ、って読めるからジョジョって呼んでやるぜ!」っていう不良がいなくてショックだった。あの不良のこと、だいぶ特別に思っていたらしいことに気づいた。かなり大胆に再構成されていてオヤオヤってなったけど、2時間で終わるはずないし英断かもなーと思った。バッドカンパニー、あれだけ描写されたら嬉しかろう。と、うろ覚えのわたしから。