紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


傷とともに踊る

あの時とられてしまった、もしくはあげてしまったわたしの秘密、今はどうしているだろう、なんて思ったりする。話の種にでもなっていますか夜伽にでもつかえますか、でもそんなこと忘れられているだろう、というのがたぶん正解。おぼえていてね、そして苦々しく思ってねと思う反面、一分もすべて残らずきれいさっぱり本当に忘れてしまってくれと願ったりもする。酒の肴になってたら一番げろげろだから、振り返らないのが一番なんだろう。秘密をあげたら大事にされるかもしれないという希望にかけたんだったけど、そんな取引につかわれた秘密はとっても可哀想だった。どれだけ謝ってもたりない。二重についた傷をわたしは見る。

 

www.youtube.com

広告を非表示にする