読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


oh なんてヒューマン

毎日が同じで繰り返していて今月も十日が過ぎ、あと少ししたら残り十日になり六月になってしまうのだろう。昨日と同じふりした今日がやってきて、明日も同じことをする。わたし(達)をからかっているのだ。そんなもんに楔を打ち込むためにあれやこれややってみるのだけど、なかなかうまくいかないのだった。

お金をかせぐよりつかう方が簡単だなぁと思うのだけど、久しぶりに街に出かけると素敵なものがたくさんあって嬉しくなって、いろいろ欲しくなってしまうのだけど、よくよく考えると「それを持っている自分」が欲しいという慾望なのであった。本屋の棚をながめていると、鏡の前でかわいい服をあててみると、雑貨屋で家具の大きさをメモしてみると、素敵なキッチンツール、おいしそうな食べ物エトセトラエトセトラ! 買い物の街で"わたし"はふくれ、いいものになった、もしくはなれる気がする。その証拠になにかひとつ、または複数を選んで家に持ち帰る(買います)。部屋にはそれらの果てが積まれていて、輝いていたものたちも置物となり、わたしはまた同じ顔の日々をやり過ごす。このありようがいいのか悪いのかよくわかっていなくて、街で想像していた自分がうそであるとは思えなくて(思いたくないのかもしれない)、でもやっぱり積みあがったものを見ると溜息が出てしまう。それでも少しずつ動いているものもあるのだからという気もする。なんだかんだ目の前にあるものを追い求めてしまうくせがあって、数年とか数十年のスパンで考えるのができなくて、もしかしたら怖いのかもだけど(だって今が一番若いのだから)。そういう人はやっぱり"一点集中"がいいのかな。選択と集中だよワトソンくん。なんとなく満遍なくすべてを進めていくスタイルはわかられにくい時代なのかもしれない覚悟はできてる? できてない。唐突にミスチルにつなげて終わりにする。おやすみなさい。