読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


ひじきがこげた

 

 

ひじきがこげた

少し目をはなしたすきに

 

熱い鍋の底で助けてくれと言っていた ひじき

あの夏の日みたいにじりじりじりじり

 

ひじきはこげた

ふちゅういとたいまん


水っ気がなくなるまで必死で踊っていた ひじき

海にいたときみたいにふらふらふらふら

 

炭になったひじき いつもと変わらないかたちで

でも 固くてこげたすっぱい味がした

 

ああ、ひじき なんでこげちゃったんだろう

父ちゃんと母ちゃんが泣いてるよ

 

ああ、ひじき なんでこがしちゃったんだろう

新しい鍋を買わなくっちゃ