読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


分子として、

電車に乗っていると自分以外は全員他者という気持ちが強くなる。ゆずりあいの気持ちは非常にたいせつで駅でドアが開くたびに少しずつ揺らいで新しい場所を占めるわたし達。たまに強気で意地でも動かないぞという人がいてなんでそんなにかたくななのとか思ったりするけど、優しい気持ちになり過ぎるのか自分が身体をゆがめながら場所をあけて隣人を押し込もうとする人もいて、でも両者は同じようなものなのでは。つまり、他者に対しての態度が極端であるという点で。そんなことを考えながら自分のかたちをはっきりさせようとしながら。わたしが他人に影響したくないの裏返しで自分も他人に影響されたくないんだなとぼんやり思った。
ご高齢の方と付き添いの女性が乗ってきて、まずはじめはドアの脇の座席横の安心できる場所をゆずった人がいて、その次の駅で座席の一番端に座っていた人が席をゆずった。電車は混んでいたのでわたし達は少しずつ譲歩して交代を手伝った。席をゆずるのは褒められる行為だけどそれはべつに偶然そこに座っていたから起こることで、そのゆずった人の人格が褒められたものなのかはわからなくない? その席に座っていたのはもしかして自分だったかもと思い。付き添いの女性は恐縮して謝意を伝えたが、老婆は無表情で腰かけていた。