読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


テレビ迎えの儀

テレビがきたらピザを食べようといっていて、ここに来てはじめての宅配ピザを頼んだ。ピザはどれも同じに見えるといえば、それはピザへの愛が足りないのだと返されたけれど。ピザはおいしい。おいしいが、丸い生地の上に赤と緑とチーズが乗っている。だけ。以上、ピザへの所感でした。チーズにはちみつをかけて食べるのが好きなのだけど、食べてるうちにカロリーとりすぎでっせのぞわぞわが頬の下の肉を撫でる。とり肌が内側にやってくる感じ、わかる? といえばわからないと言われ、サイドメニューのポテトとチキンナゲットがジャンキー感を増してきて、うわーカロリーに殴られるーとかいいながら、コカコーラ、アメリカ人か、コカコーラゼロだから大丈夫ーっていう会話。

f:id:letofo:20160914110659p:plain

 

コーラのペットボトルに謎の文字が印刷されていて、しらべたところ、オリンピックの関係で「世界でいちばんの○○」がランダムに記載されているのだという。なるほど。サイトの北島康介の強い顔をながめていて、そういえば出かけた先でこの顔を見たのを思い出して、あれももしかしてコーラの広告だったのかと思い当たる。広告なのに頭に残ってなかったの、たぶんわたしのいろんなものへの興味が著しく減退しているのだけど、わたしはそのとき、北島康介の顔、めちゃくちゃ見てた。こうして見ていられるのだぞ、というきもち。そしてなにも感じないのだ。

 

テレビをつけていると、ずっとずーっと情報を流し続けていて、やべーと思う。やばい、という形容するのなにも語ってない感じがすごいけど、恐ろしいが一番近いんだけどやっぱちょっと違うので、やばい、が一番しっくりきてしまう。完全にわたしの意志を無視して情報量だけがやってきて、わたしはのみこまれまいと思う。抵抗するためにやべーといって脇におく。観たい番組だけ録画設定をして電源を切る。隣のPCでabemaTV(ネットのテレビ)をつけてみたりして、テレビの威厳はどこへという風もあり、こちらはCMがないのでそれほど情報という感じがしない。観たいものを観よう。でも番組表とかいってザッピングしはじめると同じなので、こちらもブラウザをとじる。