読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


ひとりだけ意味の世界を歩いている

すべての人が安定したいわけではない、ということに突然たどりつく。人類すべてが安定を求めているという盲信、ほんとにそう、盲信であった。”不安定”に安定したい、ということもあるだろうけど、それはなんか病気って感じもする。それで自分はどうなんだ、とか考えてみる。そのときは、どっしりとした安定を求めてるわけでない、だったのだけど書いてる今はなんでそう思ったんだろうねという心持ち。過去の自分の信用できなさ。しかしそう思ったことは憶えていく。

あとちょっと、というようなことを考えて、保留にしていたことを動かそうとも思うのだった。そのときにかれはわたしを受け入れるだろうか。わーこわい。不安不安。それでも誰かのいいなりはもう嫌だ、と確認して、どうなろうとも自分を持っていきたいというように考える。

馬鹿にされている、と突然に思うことがあって、そのときわたしはとても明晰もしくは考えすぎて愚か。まあでも単純にそれで十分、しかしそれをだれにも言うことはない。

少し前の日記を書く、ということを最近していると、記憶とメモから無理やりに立ち上がらせている文章を。具体的に書くのはやっぱりなんか違う、それでまどろっこしくふにゃふにゃと書いているのは、わかられたくないのにわかってほしい、わーなんて面倒くさいお方! 書きたくないのに書いてる文体、がわたし、となんか思った。