読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


できるだけ保険の範囲でなおしたい

久しく歯医者に行っておらず、少なくとも二年はご無沙汰だった。多くの人と同じように、わたしも歯医者が好きでない。漠然と恐怖感をいだいているが、これは経験にもとづく恐怖なのか、テレビとか漫画や他者の話等からのイメージで怖いのか疑問だ。どちらかというと後者なのではないか。そもそも歯医者にかかることがほとんどなくて(通った歯科のすべてを思い出せるくらいだ)、そんなに悪い体験はしてこなかった(はずだ)。とはいえこれは鶏か卵かみたいな話のようにも思える。
そんな歳月を過ごしてしまったが、この、口内の、違和感、というようなものがいよいよ無視できないくらいに日常を占めはじめてしまい、ついに重い腰をあげるに至ったのであった。歯医者を決めるまでにこちとら一年以上かかってる。どうせかかるなら腕のいいところへ行きたい。口の中をさわらせ、あまつさえ歯を、わたしのたいせつなエナメル質を削るのだ(嫌だけど、おそらくそうなるのだ)。永久歯や神経を抜きたがるかもしれない。内科医ならば多少ヤブでも目をつぶるけれど、歯科医にかんしてはゆずれない。身体に手を入れる(そして戻ってこない)のだから慎重に選びたい。悪いがハードルは高く設定させてもらう。というようなことを考えたところで、居住地はわたしと(も同居人とも)縁もゆかりもないところ、子どももいなけりゃ地縁もないし、ぼくらのインターネッツに情報もあるわけないくらいの地方、ハードルを上げたところでなにも決められないのだった。まあそれでもまあまあな近さのまあまあそうな歯科医を予約。
「どこがというわけではないのですがー、おそらく虫歯があるので診ていただきたくー」
というかったるい電話を本当にして、なんとかたどり着いた歯科医受付。いやー長かった。ここまで一年。本当にもう。「完」と筆ペンででっかく書いて最終回にしてしまいたいくらい。僕たちの冒険(たび)はこれからはじまる……! つって。つって!

渡された問診票の上の方にあった質問は、治療にかんしての真剣さをみる、というかどこまで自分の懐をおっぴろげられますかみたいなことで、選択肢が数種類、「できるだけ保険の範囲でなおしたい」、575いただきました! どうぞよろしくお願いします。
それで、痛いところを記入っても、なんか全体的にやばい気がするので、右上奥、右下奥、左上奥、左下奥ぜんぶ丸。とんだ虫歯モンスターだぜ、いい歳して自分の口内も管理できないのかと思われそう思われてる思うに決まってるの被害妄想活用形をごんごんに頭の中をぐるぐる回しながら、平静な顔をよそおってオホホみたいな感じでいる。待合室の画面では『トムとジェリー』がかかっていて、相変わらずネコの方がネズミにあしらわれている。
担当はまあまあ優しそうな眼鏡の男性医師で、ひととおり見て、レントゲンも撮ったあとに言われたのは、「虫歯もあるんですけどそんなに全体が痛くなるほどではなくて」。はい。「舌に歯形がついているので、無意識に歯を噛みしめているのではないかと」。はあ。そういえば舌の側面に変な段段がついているのなんでかなと思っていたの、頬の内側にも変な仕切りがあるなと思っていたの、噛んだ跡って言われてめちゃくちゃ合点。
人間というもの、は、どうやら自然な状態でいるときに上の歯と下の歯がくっついていないらしい。ので、舌も頬の内側も噛むことはないのだけど、わたしは噛む癖があるらしく、そう言われて過ごしてみると、たしかに上下の歯を合わせていたり、歯を舌に乗せていたり、むしろ舌の方から歯にからんでいったりしていて、フゥー積極的ィ―渋谷の女は積極的ィーと思ったり。日中はまだコントロールできるけど、寝ている間も(歯ぎしりはしてなくても)噛みあってぐぐっと力が入って歯やら歯ぐきに負荷がかかっているのではないかと言われ、そういう人はほかにもまあまあいるみたいなことでした。それで、わたしはたまに歯がグラグラしてきてぽろぽろ抜けるというこわい夢をみるのがそのせいなのかなと思ったりしてまた合点。


f:id:letofo:20151031212958p:plain

(そういえばこういう顔面白いからたまにしてた……)
歯医者には「アホ面して口あけてた方がましですねー」って言われたヒア!

というわけで口中が虫歯という事態はどうやら違ったのに胸をなでおろしつつ、でもこのままでは夢が夢でなく、歯がぼろぼろと落ちてしまうかもしれないので、寝るとき用のマウスピースをつくられました。マウスピースのイメージって『はじめの一歩』しかないんですけど、つけてみると、とにかく口があきますね。まぬけな感じになりますね。昨晩つけて寝て、起きてみたら口をとじていたのでわたしの歯を食いしばりたい欲よ、ってなりました。でも上の歯ぐきというか顎がいつになく軽やかだったのがその効果なのかもしれないナァと思っているところ。
それで、歯を食いしばっちゃう原因はストレスですねとこともなげに言われたのだけど、肌荒れがひどいときも膀胱炎になったときも謎の体調不良になったときもストレスですかねーと言われてきたのが、無意識の口の中にも魔の手を伸ばすのかストレスよ! 現代病気界の黒船かよ(てきとう)。とりあえずマウスピースと日中の気をつけるによって謎の歯痛は治るのか、という。レントゲン撮るときの悪夢のような「エリーゼのために」。以上です。