紙とくまの生活。
忘れるために書く日記。


2018年のフック(3)

7月からは第三期としますね。 8/21 8/20 8/19 百科審議官(可能性を感じる) 8/18 涼しかった(らちょっと寂しい) 8/17 メルカリ4(+1) 8/16 空想の宮沢賢治(のものまね) 8/15 編みかけバッグを終わらせた(やったー) 8/14 量産される架空の生き物た…

秋は落ちてる。そして踏まれがち。地面には汚れてぐしゃぐしゃの秋が這いつくばっている。夏は空の高さを感じたが(おもに雲などで)、秋の空は広がりを感じさせる。どこまでも畝が耕されている。夜は虫の声が足元から湧き上がっている。縦方向の深さ。 今年…

イカ問題

NHKの家庭科の番組を偶然みて、なんだか打ちひしがれてしまった。それは買い物をする回で、そもそも顔を黒く塗った性別不詳の人物(たぶん男性なんだけどフェミニン(または中性)に寄せてきてる感じ)が白とシルバーのイカを模したような衣装で出てきて子ど…

季節の変化

雨が降りはじめたのに洗濯はじめちゃって、干したら部屋の中も雨みたいになっちゃって、垂れさがっている布が湿地帯の樹々を思わせたりする。洗剤には「森の香り」があった方がいいよね。森の香りとはなにか、この際置いておいて。いろんな森があるけれど、…

寝られるだけ寝てみたい

みたいなことを考えている。今までだってそんな感じだった気もする。わたしは寝られるだけ寝たい。これは比喩表現かもしれなくってよ。働くこととか、すべて、大仰に考えすぎな気がする。適当さがたりない。いやいや適当でしょという気もする。すべてのはざ…

蛇足

個人的なことが文学になる(なってしまう)時代がくるんじゃないかと思っていて、細分化は当然、共感するとか承服しかねるとかの感情もなくなって、”わからない" なんて当然で受け取り方も完全に個人的。まあ当たり前なんだけど。変わらぬいとなみといえばそ…

夏さん江

夏ひどかってん暑くないとしたら雨でやばない(みたいな)。お団子だけがうまくなる夏だった。気づきとして、働いていても家で寝ていても一日はすぎるし一週間は経っとうし季節は変わつてしまふのだ!! 脳は醒むるぞの感覚ありきだが只只眠いのだーった💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤 読…

ひとりでねむる

同居人が急に実家に帰ると言い出して、なんかセンチメンタルになってしまって少し駄々をこねた。 来週あたり帰るかもって言ってたのがあしたの夜帰る、だったし。かれは行動力があるようでなく、ないようで、ある。 見送りは乗換の駅まで行く案もあったけど…

空想の椎名林檎

皮膚の上で滲んでいる水滴になる前の汗の発露を光が描きだしている。肉体の尾瀬。 わたしの中で椎名林檎は『勝訴ストリップ』で止まってるところがあって、 「東西線はあたしを乗せても新宿におろしてくれなくて」 椎名林檎にとっての東京ってどんなところだ…

昔の漫画

強い風はもう吹かなそう(毛負香菜草)だから少しだけ窓を開けて寝て、風の音をきいていた。強くなったり弱くなったりする。扇風機がそれに対抗していた。目が慣れてしまった暗闇はけっこういろんなものが見える。手を、どうにかして、すべりこませる。暖か…

8 月 33 日

という言い回し、妥当かどうか考えている。使い古されていないか? まあでもいいのか。今年の夏休みは皆さん、少し、長かったということで。平成最後の夏だと思って、今年は無理いって休んだりしたけど、いつだって、20代最後の夏だ、とかいって、わたしは夏…

そだねー

同じ著者の本を2つ、かわりばんこに読んでいて、混乱しながらもより理解が深まるなんてことが。あるんだろうか。どっちを読んでいるのかわからなくなって、結局同じことを書いてあるのかもだけど、それでも読めてしまうのだ。 形式みたいなこと、歴史のこと…

絵文字顔文字

最近、絵文字顔文字を使うのにためらいがなくなっていて、そもそもなんで忌避してたんだっけと思ったりして、若さだよなぁ、はたまた老いだよなぁと思ったりする。嫌だなと思ってるけど使うのが平気になったわけじゃなくて、別にかわいいじゃん、使おうぜっ…

三つ編みにしてお団子

帰り道は同じルートを逆回りするのがしかし夜だからよくある商業施設の光る文字に、あらこんなところにもいらっしゃったの、とか親近感をおぼえたり。でもそのヨーカドーにいく可能性はほぼないんだ。乗りつけない移動は緊張する。人の顔をたくさん見た。電…

二面性

颱風。ばっちり武装して出てきたがすぐ行ってしまった。エアコンを除湿でつけていたけど汗かいて起きて大雨で、湿気とってもとりきれないんだなとエアコンに同情したりした。 くる話くる話ぜんぶ憂鬱でなんでだよとか思ったりしたけど、自分がもともと不安に…

滲む日

真夏に涼しいのはぜんぶ颱風のせいと思ってみて、けっきょく暑い寒いは気圧の影響で季節も大気がつくっている!! なんて考えたわけではないけど朝からうす暗くて、煮豚でも仕込みながら本とか読みたいような日だった。エアコンはしばらくつけていなくて、扇…

ぽんぽこぽん

エアコンなしで過ごせることを言祝ぐ。エアコンのことあれだけ頼りにしてたのにひどい。風がさわるので扇風機も消して過ごせてしまった。電源を落としてしまったもののことを人はかえりみなくなる。でも、つけっぱなしのときも忘れてしまっている。 行きつけ…

好きなアイス

買うものリストをアプリで共有している中に「好きなアイス」があって、アイスならなんでもいいよ。銘柄指定はありません。ほかのやつ、「ビール」も各種調味料も買う人がよさそうなのを買うんだけど、アイスにだけ「好きな」がついてる。出てくるとなんだか…

(かっこ)使い過ぎ問題

わたし、コミュ障、とか思ってたけど、ただの人見知りなのでは、と思ったりした。おんなじじゃないと思うなかれ、人見知りは慣れてしまえば普通にやっていけるのです!!! オンラインで歌会、”うたかい”派と”かかい”派がいるとかいないとか、見せてもらって…

ホワイトチョコのラングドシャ

行きつけないところにバスで行って帰りは電車で帰る。接続とはいうものの5分くらいは夜道を歩く別の駅に乗り換える。この蒸し暑い道を以前も歩いたこと、急によみがえる。集まりのあとにめちゃめちゃにお酒をのんで(お金は年かさの人が払うくらいわたしたち…

ライブに行く人

7月に行ったライブは20年前から知ってる人のライブで、でもその人が音楽しているのを肉眼で見たのは去年がはじめてで、これが3回目くらいでまだまだ新鮮。田舎の子どもだったわたしが20年後にその人の至近距離2メートルくらいでビールをジュースで割ったもの…

夏のせいだよ

すうすうするシャンプーを買ってしまった。暑さに負けた。でも、すっとするのは一瞬、それもアルコールを飲んだ喉みたいな感じ。熱さが逆に涼しいみたいな。それでもっと問題というか驚いたのが、濯いでもすすいでも泡が出る。同じマークのコンディショナー…

資本主義はきっと恋愛よりも難しいのね

エアコンをつけなくても眠れるのなんていつぶりだと驚く。太陽は優しそうな雲にもんやり包まれていて灰色と銀色の世界。洗濯ものもやわらかく乾いている。もう秋だねと思うもまだ七月だった。夏のターンはまだまだあって。 さすがにものを整理しなくてはと思…

「読む」という行為

むずかしいことが書いてあったので一度読んだところを少し戻ってまた読んだ。わかるようなわからないような気がした。同じように、めちゃめちゃよいなぁと思って同じところをまた読むこともある。SNSでまわってくる漫画とか、毒にも薬にもならなくて腹が立つ…

バーモント・キッス

そうたいせいりろん、知っとる? って聴いたのはいつだったかは判然としないけど、あの部屋に住んでいた頃だとはうっすら思う。わたしはパソコンを持っていなかったから、友人が共用でつかっていいといってくれたノートPCをほんとうに自分のもののようにして…

西友

久しぶりに西友に行ったら安くて驚いてしまった。いや、はじめてじゃないよ、西友。わりと昔から知ってる。でも家の近くにはなくて、最近の動線では足が向いてなかった西友。何でもかんでも安いの、知ってたけど、それを久しぶりに目にしての驚き。知ってた…

お夏

お夏。いかがお過ごしですか。じっとしているだけでも汗がにじんできて、嫌ンなる風ですね。日射しは強いものの自転車に乗ってみれば風があり、意外といけるぞ、夏。とか思ってみる。空の青の深さと雲の高さでもって、いよいよの夏らしさにつっこんでいく入…

エンデ!

朝、おもったより涼しくない。というかこのわたしのいる部屋はいつでも暑い。冬は寒い。髪の毛を吐く夢をみた。夢の中でも(内臓が)むかつく感がある。汗をかくといい匂いがするというふれこみの柔軟剤、余計なお世話だからやめてほしい。 エンデの『はてし…

過不足のない

ふと目が覚めたら夜の2時で、同居人は隣にいなくて、まだ起きてるのかと思ったら水の音がきこえてきてトイレだった。戻ってきたらタイマーが切れたエアコンをオンにして、もう一回ピッてしたのはたぶんタイマーで、なぜならまたその二時間後に暑くて目が覚め…

2018年のフック(2)

4月からを第二期としますね。 6/30 ジョナサンー!!!(クィア・アイ) 6/29 柴田聡子 - カープファンの子 6/28 人が動くとものが動きカネも動く(ありがとうございました) 6/27 水ようかん(なんでこしあんかわかった) 6/26 オドモTV(おどものがたりが…